東京都港区浜松町 東京ジェイズクリニック 理想のプロポーションになるために 「脂肪吸引」を徹底解剖

医院概要サイトマップ
脂肪吸引情報
03-5425-2227
24時間メール相談
ホーム
脂肪吸引について
脂肪吸引の効果
手術方法の紹介
脂肪吸引の痛みと麻酔について
脂肪吸引の症例
脂肪吸引お悩み解決
手術の不安
術後の不安
脂肪吸引Q&A
脂肪吸引の費用・料金
脂肪吸引のアフターケア
東京ジェイズクリニック
手術方法の紹介

脂肪吸引とは、2〜4ミリのカニューレといわれる細い管を用いて、脂肪細胞(皮下脂肪)を除去する方法です。 メリットとして、傷口が5ミリ以下と非常に小さいこと、リバウンドが少なく部分痩せが可能であることなどがあげられます。 しかし、腫れや内出血の回復に3週間以上かかるというデメリットもあります。

チュメセント法

チュメセント法とは、1980年代後半に米国で開発された方法です。
この方法は、吸引前に局所麻酔薬を薄めた生理食塩水を大量に皮下に注入し、脂肪細胞をふやかすものです。
この方法によってカニューレの操作が容易になり、出血を抑えながら大量の脂肪が吸引できるようになりました。
チュメセント法が開発される以前は、出血量が非常に多く輸血を必要とする手術でしたが、この方法が確立されてからは、日帰りも可能になりました。
皮膚に近い部分の脂肪はあえて吸引せず、筋肉層に近い部分だけ吸引することができるため、術後の凸凹も抑えられます。



エルコーニャレーザー

エルコーニャレーザーは、脂肪吸引のときに用いるレーザー機器です。
このレーザーを、脂肪を吸引する部位に照射しますと、脂肪が軟化し吸引がしやすくなり、血管の損傷も少なくなります。 手術時間の短縮、吸引量の増加、術後の内出血の軽減、術後の凹凸の発生の低下、そして術後の痛みの軽減などに、効果があります。


PAL(Power Assisted Lipoplasty)について

PAL(Power Assisted Lipoplasty) 東京ジェイズクリニックでは、脂肪吸引に
PAL(Power Assisted Lipoplasty)を使っています。
手に持つハンドピース内に、電動のモーターが内蔵されています。このモーターに、本体から電源コードがつながりカニューレの先端を2mmの振幅、最大4000rpm(毎分4000回)振動させて、吸引をするのです。脂肪を砕きながら吸引できるので、軽い力での操作が可能になり、血管や神経、筋肉組織へのダメージが従来の方法とは比較にならないほど軽減できます。
つまり、術後の傷みや腫れ内出血の軽減につながります。


ページの先頭へ
東京ジェイズクリニック携帯サイト
お得な情報はコチラの携帯サイトからお問い合わせください
東京ジェイズクリニック
〒105-0013 東京都港区浜松町2-5-3ニュー浜松町ビル3階
03-5425-2227
2006(C) Japan Cosmetic Surgery. All Rights Reserved. 医院概要サイトマップ